フォローする

WindowsUpdate後に動画再生時にRealTimes(RealPlayer)のクラッシュする

(2017年3月21日更新)

先日来発生していたWindowsUpdate後に動画を再生した際、RealTimes(RealPlayer)が動作停止をする不具合ですが、Microsoft社より同不具合を修正する最新プログラム(KB4015438)が配布されました。

本プログラムは、Windows10アップグレードアシスタントをご利用してインストールできます。

詳細については、英語版となりますが、マイクロソフト社の下記記事をご参照ください:

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4015438/windows-10-update-kb4015438

注)「KB4013429」をアンインストールされている場合は、「KB4015438」が表示されませんので、改めてMicrosoft社のツールにて「KB4013429」を表示し、更新頂く事をお勧め致します。

 

ーーーー

最新のWindowsUpdate後に動画を再生した際、RealTimes(RealPlayer)が動作停止をする不具合が発生しております。

原因としては条件を満たしたWindows10で、今回のWindowsUpdate内「KB4013429」が導入された際、一部のファイルが書き換えられる事に起因しております。

一時的な対策と致ししては「KB4013429」をアンインストールする方法があります。
Windowsの機能となるため、下記手順はあくまで参考としてご確認ください:

1.「Windows」を起動

2.左下のスタート部を右クリック

3.「コントロールパネル」を開く

4.「プログラム」をクリック

5.「インストールされた更新プログラム」をクリック

6.「Microsoft Windows(KB4013429)のセキュリティ…」
 の表示の上で右クリック

7.「アンインストール」をクリックし、アンインストールを「はい」で許可する

8.アンインストール完了後再起動が求められるのでパソコンの再起動を行う

上記の手順でアンインストールが完了。

しかしWindows10の場合、更新可能なプログラムは自動的にインストールが行われてしまうため、Microsoft社のツールを利用し、当該の更新プログラムを対象外とします。

1.以下URLへアクセス
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3073930/

2.中央付近の【「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージを今すぐダウンロードする】のリンクをクリック

3.ダウンロードの表示となるため「保存」をクリック

4.ダウンロードが終了したら「ファイルを開く」をクリック

5.トラブルシューティングツールが起動したら
 「次へ」をクリック

6.「Show or hide Updates」の画面については「Hide Updates」をクリックする

7.表示された一覧の中にある「○○ベースシステム用 Windows10 Version1607の累積的な更新プログラム(KB4013429)」にチェックを入れ「次へ」をクリック

※○○はOSのビット数に依存した表記です

8.「閉じる」をクリック

上記操作で自動アップデートによる更新プログラムの導入を停止する事が可能です。


なお、改めて更新プログラムを導入する場合は、上記手順「6」で「Show hidden updates」から、選択した「KB4013429」を選ぶ事で導入が可能です。

この記事は役に立ちましたか?
62人中28人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk