フォローする

ビデオとオーディオの詳細

詳細表示画面には、お使いのデバイスと互換性のある形式と設定が表示されます。

ビデオの詳細

[ビデオの詳細] は、動画ファイルの設定をコントロールします。

  • フォーマット は、ファイルの形式をコントロールします。選択したデバイスで再生するファイルの種類のみ使用できます。
  • [品質] では、出力ファイルのサイズに直接影響する動画の詳細レベルを定義します。[自動] に設定すると、ソースファイルの品質レベルが維持されます。[高] を選択すると、ファイルのサイズが大きくなります。[低] を選択すると、ファイルのサイズは小さくなりますが、写真の詳細レベルは低くなります。
  • [解像度] は、動画や写真の幅と高さを表します。どの解像度を選択するかわからない場合は、[自動] 設定を選択するようお勧めします。それ以外の場合、解像度の設定は、動画を再生するディスプレイの解像度に一致させる (スマートフォンや小型スクリーンデバイスの場合) か、入力ファイルと同一または類似の解像度にします (大型スクリーンデバイスの場合)。

オーディオの詳細

[オーディオの詳細] は、音声ファイルのみをコントロールし、 動画ファイルの音声部分はコントロールの対象になりません。

    • フォーマット は、ファイルの種類をコントロールします。選択したデバイスで再生するファイルの種類のみ使用できます。
    • [品質] は、音声出力ファイルの詳細レベルをコントロールします。デフォルトの設定は、「中」レベルです。指定可能なレベルは、ファイルの種類によって異なります。一般に、リストの先頭にあるレベルを選択すると、音質は良くなりますが、ファイルのサイズは大きくなります。リストの最後にあるレベルを選択すると、ファイルのサイズは小さくなりますが、音質は低下します。

すべての音声情報を保持するには、[RealAudio 可逆形式]、または使用可能な場合は、 WAV を選択します。可逆形式ファイルでは、音質を保持する一方で、ファイルのサイズも小さくなります。WAVファイルは圧縮されず、ファイルのサイズも大きくなります。

  • [VBR (可変ビット レート) を使用] は、ファイルの種類で VBR がサポートされている場合のみ指定できます。VBR により、ファイルの複雑な部分の保存容量が増え、単純な部分の保存容量が減ります。これにより、音質を大幅に低下させずに、よりサイズの小さいファイルを作成できます。VBR ファイルは、一部の旧式のデバイスで再生されない場合があります。

カスタムデバイスとして保存

[カスタム デバイスとして保存] を指定すると、デバイスプロファイルに基づいたカスタマイズされたデバイスプロファイルを作成できます。次に [別のデバイスを選択] を選択すると、[マイ カスタム デバイス] の下に新しいデバイスプロファイルが表示されます。

デフォルトにリセット

[デフォルトにリセット] を指定すると、デバイス設定がデフォルト設定に戻ります。ここで変更した設定は、RealTimes を再起動しても、次に変更するまで保持されます。

この記事は役に立ちましたか?
19人中7人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk