フォローする

サラウンドサウンド

適切なサウンドデコーダやスピーカーがあれば、RealTimes でローカルソース (CD/DVD) またはストリーミングオーディオから「サラウンド サウンド」ステレオを再現できます。サラウンドサウンドデコーダがない場合は、追加のサウンド信号はスキップされ、標準のステレオトラックが再生されます。再生中のクリップがサラウンドサウンド用にエンコードされていない場合は、RealTimes では標準のステレオまたはモノラル音声のみが再生されます。

サラウンドサウンド用にエンコードされたコンテンツの再生方法

サラウンドサウンドを正しく再生するには、サウンドカードのステレオ出力をサラウンド対応レシーバに接続し、レシーバをサラウンドデコーディングに切り替えます。

最高のサラウンドサウンドを実現するには、サラウンド対応のレシーバに無修正の信号を送り、レシーバがサラウンドサウンドを正しくデコードできるようにする必要があります。そのため、無修正の信号を維持するために RealTimesイコライザを無効にします。

さらに、Windows の [システムのプロパティ] からサウンドカードの [プロパティ] ダイアログを開き、「ワイド ステレオ」(「QSound」など) や同様の詳細プロパティオプションが選択されていないことを確認します。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk