フォローする

ライブラリへ CD トラックを保存

  1. RealTimes を実行して、PC の CD ドライブに CD を挿入します。
  2. RealTimes は、CD の曲を、ライブラリ内の クリップ と照合します。CD の曲がライブラリにまだ保存されていない場合、これらをライブラリに保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
    • 今すぐトラックをインポートして保存するには、[はい] をクリックします。
    • 曲を保存せずにダイアログを閉じるには、[いいえ] をクリックします。曲はリストにそのまま残り、[CD/DVD] 表示ページで再生できます。
    • 曲を保存せずにダイアログを閉じるには、[オプション...] をクリックして、[トラックを保存] ダイアログを開きます。[トラックを保存] ダイアログでは、CD での個別選択、PC での保存先の変更、[CD] 環境設定へのアクセスが可能です。
  3. 正常にインポートされた曲は、[CD] ページの [ステータス] 列に「保存済み」と表示されます。

ヒント

  • ユーザーが新しい CD を再生するたびに、CD の曲を保存するかどうかを確認するメッセージが自動的に表示されます。この設定を変更するには、[CD] 環境設定を開き、[CD の保存を確認] オプションをオン、またはオフにします。
  • CD が保存されている間に、他の RealTimes ページを参照したり、他の機能を使用することができます。
  • すべての曲が保存されると、RealTimes でサウンドが再生されます 別のサウンドを選択したり、この設定を無効化するには、[CD] 環境設定を開き、[追加 CD オプション] をクリックします。
  • CD から曲をインポートすると、その情報が RealTimes に記録されます。後でライブラリに同じ CD から曲を追加する場合に、保存済みの曲が示されます。以前に作成したファイルの追加コピーを作成するか、そのままにしておくかを選択することができます。
この記事は役に立ちましたか?
14人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk