フォローする

Windows の一時ファイルおよび一時フォルダを削除する

Windows の一時ファイルおよび一時フォルダは、どうすれば削除できますか?

Windows は、一時フォルダを使用して情報の処理とファイルの圧縮を行います。この一時フォルダをときどき空にすると、余分なファイルがハードディスク上の領域を使用することを防止できます。

以下の手順を進める前にすべてのウィンドウとプログラムを閉じてください。

Windows 8、10

1. [スタート] 画面で [デスクトップ] をクリックします。
2. デスクトップウィンドウが表示されたら、Windows キーと R キーを同時に押して [ファイル名を指定して実行] コマンドボックスを開きます。
3. [ファイル名を指定して実行] コマンドボックスのフィールドに「%TEMP%」と入力して Enter キーを押します。
4. 開かれた Temp フォルダで、Ctrl キーと A キーを同時に押して、フォルダにあるすべての内容を一度に選択します。
5. フォルダのすべての内容が選択されたら、キーボードで Delete キーを押して選択された対象を削除します。
6. 特定の対象が削除できないと通知するメッセージが表示されたら、削除プロセスでその対象を無視することで、フォルダにあるその他の内容を引き続き削除することができます。
7. TEMP フォルダが空になったら、PC を再起動して変更を適用することができます。

Windows XP、Vista、7

インターネット一時ファイルを削除する

1. 画面の左下隅にある、Windows の [スタート] ボタン (XP) または [Windows] ボタン (Vista/7) をクリックします。
2. [プログラム] (Vista の場合は [すべてのプログラム]) を開きます。
3. [アクセサリ] を開きます。
4. [システム ツール] を開きます。
5. [ディスク クリーンアップ] をクリックします。
6. C: ドライブを選択して [OK] をクリックします。
7. [インターネット一時ファイル] が選択してあることを確認し、もう一度 [OK] をクリックすると選択した項目が削除されます。

PC のローカル一時ファイルを削除する

1. ウィンドウとプログラムをすべて閉じます。
2. 画面の左下隅にある [Windows] ボタンをクリックします。
3. [ファイル名を指定して実行] ボックス (XP) または [検索の開始] ボックス (Vista/7) に temp という文字列を入力します。
4. 見つかったフォルダの内容を削除します (削除できない場合はこの手順を省略してください)。
5. もう一度 Windows の [スタート] ボタンをクリックします。
6. [ファイル名を指定して実行] ボックス (XP) または [検索の開始] ボックス (Vista/7) に 「%temp%」 という文字列を入力します。
7. 見つかったフォルダの内容を削除します (削除できない場合はこの手順を省略してください)。

注意: 見つかったフォルダの下に Cookies または History という名前の付いたサブフォルダが含まれている場合は、そのサブフォルダを削除すると、Web サイトによってはログイン情報の失われるおそれがあります。また、過去にアクセスした Web サイトの履歴がアドレスバーから消去されます。会員登録しないとアクセスできない Web サイトの場合は、もう一度ログインし直す必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
347人中284人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk