フォローする

「サポートされていないファイルの種類です」というメッセージが表示される

RealTimes (RealPlayer) で「サポートされていないファイルの種類です」というメッセージが表示される

このメッセージが表示された場合、アクセスしようとしたファイルを RealTimes (RealPlayer) で認識できていません。デフォルトでは、RealTimes (RealPlayer) で RealAudio、RealVideo、および MPEG ファイルを再生できます。適切なプラグインとコーデック (圧縮/解凍システム) をインストールしている場合は、それ以外のメディアも再生できます。

ただし、使用しているコンピュータが認識しないファイルは再生できません。該当するメディアに対応するメディアプレイヤーまたはコーデックパッケージをダウンロードし、インストールしてください。

一般的に使用されている無料のコーデック及びメディアプレイヤーは下記のリンク一覧より取得できます。

Combined Community Codec Pack (MKV)
http://www.cccp-project.net/

DivX コーデック
DivX Plus Codec Pack をダウンロードします。(http://www.divx.com/ja/software/download/start)

K-Lite
K-Lite Codec Pack をダウンロードします。(http://www.codecguide.com/download_k-lite_codec_pack_mega.htm)

コーデックをインストールすると、サポートしている全種類のメディアをプレミアム版 RealTimes (RealPlayer) のユニバーサルメディア再生機能を使用して再生することができるようになります。

ユニバーサルメディア再生機能を有効にする手順:
1. RealTimes (RealPlayer) を起動します。
2. [ツール] メニューで [基本設定] をクリックします。(RealPlayer 14 では、左上の RealPlayer ロゴ、[環境設定] の順にクリックします。)[環境設定] ダイアログが開きます。
3. [カテゴリ] 領域で、[コンテンツ] の下にある [メディアの種類] をクリックします。
4.「RealTimes (RealPlayer) をユニバーサルメディアプレイヤーにする」の隣のラジオ ボタンを押します。
5. [OK] をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
50人中22人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk