フォローする

動画再生時の RealTimes (RealPlayer) のクラッシュ

RealTimes (RealPlayer) で動画を再生しようとすると問題が発生する、またはクラッシュする

最高品質の動画をできる限り高速で配信するため、RealTimes (RealPlayer) は最新の最適化ビデオプロトコルを採用しています。この最適化アプローチは、すべてのビデオカードやドライバで正しく機能するとは限りません。ビデオカードやドライバに互換性がない場合は、予期しない結果が生じる場合があります。

症状

動画を再生しようとすると、RealTimes (RealPlayer) がクラッシュし (予期しないときにシャットダウンまたはフリーズし)、無効なページであるというエラーが表示される。

説明

このような問題は、RealTimes (RealPlayer) からの指示を認識しないビデオカードを PC で使用している場合に発生します。

解決方法

(次の手順を使用すると、動画の表示が歪む問題も解決できます)。

次の方法でこの問題を解決できる場合があります。
動画の表示を 16 ビットカラーに設定する。
ビデオカードドライバをアップデートする。
• Vista ユーザーの場合:MOV ファイルを標準的なハードディスクにコピーする。
最新バージョンの DirectX をインストールする。
RealTimes の最適化ビデオを無効にする。

解決方法 1:動画の表示を 16 ビットカラーに設定する。

RealTimes では、16 ビット (65,000 色) の色数が必要です。ビデオカードがこの色数を表示できない場合、RealTimes を起動したときに、動画の解像度を増やすように要求するエラーメッセージが表示されます。

カラー設定をチェックする方法 (Windows XP および Vista):
1. キーボードで:Windows キーを押したまま、「R」を押します。
2. desk.cpl と入力します。
3. [OK] をクリックします。
4. [設定] タブをクリックします。(Windows XP のみ)
5. カラーリストで中 (16 ビット)、True Color (24 ビット)、または最高 (32 bit) を選択します。
6. [OK] をクリックします。
7. 要求された場合は、PC を再起動します。

解決方法 2:ビデオカードドライバをアップデートする

ビデオカードは、ドライバソフトウェアを使用して、PC からビデオカードに情報を送信します。ドライバが古くなっているか、破損している、または DirectX と互換性がない場合、動画に関する問題が発生することがあります。ビデオカードドライバをアップデートし、ビデオカードのメーカーの Web サイトにアクセスして、最新の DirectX 認定ドライバを使用していることを確認します。

解決方法 3:Vista ユーザーの場合:MOV ファイルを標準的なハードディスクにコピーする。

Windows Vistaをご使用されていて、QuickTime 7.6がインストールしてある場合、NVIDIA SATA コントローラに接続された SATA ハードドライブから QuickTime の再生での周知の問題の影響を受ける場合があります。IDE ハードディスクはこの問題の影響を受けません。ご使用の PC に標準的な IDE ハードディスクがある場合、動画ファイルを該当するディスクにコピーして、それらのコピーしたファイルを RealTimes で再生できます。

解決方法 4:最新バージョンの DirectX をインストールする。

DirectX は、PC からビデオカードに情報を送信するドライバのセットです。RealTimes は、DirectX の DirectDraw 機能を使用して、ビデオプレゼンテーションを最適化します。DirectX は、Windows OS のコンポーネントです。DirectX コンポーネントが古くなっているか破損していると、RealTimes がクラッシュしたり、動画を正常に表示できないことがあります。

解決方法 5:最適化ビデオを無効にする

上の解決方法を試しても動画の再生に関する問題が解決しない場合は、ビデオカードが DirectDraw ドライバではなく WinDraw ドライバを使用しているために問題が発生している可能性があります。RealTimes で最適化ビデオを無効にすると DirectDraw に対応していないビデオカードの互換性が向上します。

RealTimes で最適化ビデオを無効にする手順
1. RealTimes メニューで [環境設定] をクリックします。
2. [カテゴリ] で、[ハードウェア] をクリックします。
3. [ビデオ カードの互換性] 領域でスライダを左端 (高信頼性) の位置に調整します。
4. [OK] をクリックします。
5. PC を再起動します。

この記事は役に立ちましたか?
41人中11人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk