フォローする

RealTimes (RealPlayer) の「接続できません」エラー

RealTimes (RealPlayer)  で「接続できません」エラーが表示される

症状

リンクからメディアを再生しようとすると、次のいずれかのエラーメッセージが表示される。

  • サーバーに接続できません。
  • サーバーに接続できません。要求されたリンクが正しくないか、現在使用されていない可能性があります。
  • サーバーへの接続を確立できませんでした。 ネットワークに障害が起きている可能性があります。
  • サーバーへの接続が切断されました。 ネットワークに障害が起きている可能性があります。
  • サーバーへの接続がタイムアウトになりました。 ネットワークに障害が起きている可能性があります。
  • サーバーに接続できません。
  • サーバーとの接続を確立できません。

説明

接続エラーが特定のサイトのみで発生する場合や発生頻度が少ない場合は、あまり問題はありません。 このような一時的なエラーは、インターネット上のトラフィックが混雑している場合や、、ファイルが置かれているサイトがダウンしている場合、ファイルが置かれているサイトが既に別の場所に移動されている場合などに発生することがほとんどです。 接続エラーがあらゆるサイトで繰り返し発生する場合は、RealTimes (RealPlayer) の接続設定または使用しているインターネット接続に問題がある可能性があります。 RealTimes (RealPlayer) が接続できるように、RealTimes (RealPlayer) またはセキュリティソフトウェアを再設定する必要があります。 

解決方法 1:特定のファイルで問題が発生するかどうかを確認する

ファイル自体に問題があるかどうかを確認するために、ハードドライブまたは別の Web サイトから別の、同様のファイルを再生してみます。 同様のファイルを再生できる場合、特定の Web サイトまたは再生しようとしていたファイルに問題がある可能性があります。 これは、トラフィックの混雑や技術的な問題が原因になっている一時的なエラーである可能性があります。 後で再試行するか、サイトの管理者に問題を連絡してください。

解決方法 2:RealPlayer のオンライン ステータス設定を確認します。

RealTimes (RealPlayer) はデフォルトでオンラインステータスを検出します。 この検出が失敗した場合、RealTimes (RealPlayer) が誤ってオフライン作業モードに設定されることがあります。 ネットワーク接続、またはケーブルモデムや DSL 接続を使用している場合は、この検出を無効にして、RealTimes (RealPlayer) で常にオンライン状態であると仮定することもできます。 RealTimes (RealPlayer) のオンラインステータスを変更するには、次の手順に従います。

1. 左上の RealTimes (RealPlayer) ロゴ、[環境設定] の順にクリックします。

2. [カテゴリ] で、[接続] をクリックします。

3. [オンラインと仮定する] を選択します。

4. [OK] をクリックします。

5. RealTimes (RealPlayer) を再起動します。

解決方法 3: タイムアウトの設定を長くして、クリップをもう一度再生してみる

1. 左上の RealTimes ロゴ、[環境設定] の順にクリックします。

2. [カテゴリ] 画面で、[接続] をクリックします。

3. [ネットワーク タイムアウト] で、タイムアウトの設定を 10 秒間長くします。

4. [OK] をクリックします。

5. クリップをもう一度再生してみます。

6. 問題が解決しない場合は、タイムアウトの設定をさらに 10 秒間長くして再試行します。 クリップが再生されるまで、またはタイムアウトの設定を長くしても問題が解決しないことがわかるまで、この操作を続けます。 この時間を長くすると、タイムアウトメッセージが表示されるまでの時間も長くなります。

解決方法 4:Web ブラウザをリセットする

お使いの Web ブラウザによって、RealTimes の通信がブロックされている可能性もあります。 これを修正するには、お使いの Web ブラウザをリセットしてください

解決方法 5:RealTimes がインターネットにアクセスできるようにファイアウォールまたはセキュリティ ソフトウェアを設定する

音声または動画を再生するには、realplay.exe がインターネットに双方向アクセスできるようにファイアウォールが設定されている必要があります。 このアクセスを許可する方法がわからない場合は、ファイアウォールソフトウェアのメーカーに問い合わせてください。 

解決方法 6:会社のファイアウォールまたはプロキシで、RealTimes によるインターネットへのアクセスが許可されていることを確認する

会社のローカルエリアネットワーク (LAN) や商用インターネットサービスプロバイダ (ISP) は、多くの場合、ファイアウォールを使用してトラフィックを制限し、不正なアクセスからユーザーのPC を保護しています。 以下のポートがファイアウォールによって制限されている場合は、ファイアウォールの設定を使用するように [接続] 環境設定を設定する必要があります。 デフォルトでは、RealTimes は次のポートを使用して接続します。

TCP 80、554、4040、7070、8080、443 (サインイン用の SSL)、1755 (MMS Windows Media 要求)

UDP 6970 ~ 32000、1755 (MMS Windows Media 再送信要求)

HTTP 80 (AU、メッセージ サービス、HTTP クローキング)

RealTimes (RealPlayer) の設定は、これらのデフォルト設定よりも優先されます。 詳細については、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

それでもまだ接続できない場合は、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
8人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk