フォローする

DVD 書き込みの問題のトラブルシューティング

RealTimes (RealPlayer) で DVD への書き込みができません。どうすればよいでしょうか?

以下のトラブルシューティング手順を行うことで、DVD の書き込みに関する様々な問題 (書き込みプロセスの際に RealTimes (RealPlayer) がフリーズする、書き込みプロセスが開始されない、および一般的なエラーメッセージなど) を解決することができます。各手順の後に、もう一度書き込みを行ってみてください。

書き込みを行う前に必要なもの:

- 有料版 RealTimes (RealPlayer Plus) をお使いの PC にインストールしている

- RealTimes (RealPlayer) の DVD 書き込みプラグインをお使いの PC にインストールしている (初めて DVD の書き込みを行う際に自動的に実行されます)

- RAM 1 GB 以上 (Windows Vista の場合、1 GB よりも少し多くの RAM が必要となる場合があります)

- 互換性のある DVD 書き込み用ドライブ および空の 1 層式の DVD-R または DVD-RW ディスク。お使いの PC にインストールされている書き込み用ドライブが、CD だけではなく DVD にも対応していることも確認してください。

注: .webm 形式のファイルを DVD に書き込みたい場合、まず .mp4 形式へ変換 する必要があります。

解決方法 1:サインインしていることを確認する。

DVD の書き込みは、RealTimes (RealPlayer) のプレミアム機能のため、最初にサインインする必要があります。既に購入済みの有料版 RealTimes (RealPlayer Plus) または SuperPass を購入するよう要求するメッセージが表示された場合、ほとんどはサインインしていないことが原因です。

また、RealTimes の一番上の [ファイル] をクリックし、[オフライン作業] オプションにチェックが入っていないことを確認します。RealTimes が [オフライン作業] に設定されている場合、DVD の書き込みを行うことはできません。

解決方法 2:RealTimes でクリップを再生してみる。

クリップをまだ RealTimes で再生していない場合、ファイルのタイプがサポートされていないために RealTimes を使用して DVD へ書き込みできない可能性があります。

解決方法 3:十分な時間を取る

DVD の書き込みには時間がかかります。短いファイルであっても 20 分から 1 時間 (映画全編の場合は 4 時間) かかる場合があります。合計時間は、お使いの PC の速度によって異なります。何も起こっていないように見えても、書き込みが正常に進行している可能性があります。書き込みを開始する前に、スクリーンセーバーを無効にし、書き込みの開始後は 1 時間から 2 時間の間 PC をそのまま放置し、その後でチェックしてください。

ただし、エラーメッセージが表示される場合、または 5 ~ 10 分後に進展がない場合には、下記の解決方法4をお試しください。

解決方法 4:DVD ディスクを確認する

書き込み速度はお使いの DVD 書き込み用ドライブの速度以上でなければなりません (例えば、お使いの DVD 書き込み用ドライブが 16x の場合、書き込み速度を 8x 以下に設定しなければ 8x のディスクは動作しません)。DVD-R または DVD-RW ディスクのいずれかを使用することができます。DVD-RW に既にコンテンツがある場合、書き込みプロセスの一環としてコンテンツが削除されるというメッセージが表示されます。また、RealTimes は 2 層式ディスクには対応していません。

DVDドライブにより、DVDのディスクバージョンに対応していないことがあります。8x まで対応のドライブで 16x 対応メディアを利用しても作成ができないなど「DVD-R for General2.0」と「DVD-R for General2.1」の規格の対応による問題です。

解決方法 5:書き込み速度を遅くする。

互換性のある DVD ディスクであっても、お使いの DVD 書き込み用ドライブの速度を現在の半分に調整してみてください。 (方法が分からない場合、お使いの DVD 書き込み用ドライブの説明書をご確認ください。)

解決方法 6:ファイアウォールを設定する。

ファイアウォールが書き込みプロセスをブロックしている可能性があります。音声または動画を再生するには、realplay.exe (RealPlayer プログラム) がインターネットに双方向アクセスできるようにファイアウォールが設定されている必要があります。ファイアウォールに問題があるかどうかを確認するには、使用しているセキュリティソフトウェアを一時的に無効にし、Internet Explorer のセキュリティをデフォルト設定にして、接続できるかどうかを試してみてください。 これにより接続が可能になった場合は、RealTimes (RealPlayer) がインターネットにアクセスできるようにファイアウォールを正しく設定する必要があります。 このアクセスを許可する方法は、ファイアウォールソフトウェアのメーカーにお問い合わせください。

解決方法 7:管理者権限で PC にログインする。

管理者 (Windows Vista の場合) として、または管理者権限のプロファイル (Windows XP) からプログラムを実行してみてください。

解決方法 8:ディスクのクリーンアップを実行し、PC の空き容量を増やす。

DVD の書き込みを行うには、ハードディスクの空き容量が 4 GB 以上必要です。 例えば 80 分の DVD の場合、ハードディスクの空き容量が 6 GB 以上必要です。 

ディスクのクリーンアップを実行する手順:

1. [スタート]、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール]、[ディスクのクリーンアップ] の順にクリックします。

2. クリーンアップを行うハードディスクを選択します。[ディスクのクリーンアップ] ダイアログボックスが表示されます。

3. それぞれのボックスにチェックマークを付けます。

4. [OK] をクリックします。

5. ファイルを削除するよう要求するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
83人中8人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk