フォローする

CD オプション

オプションや環境設定は、選択した CD タイプ固有のものです。

プレミアムディスク書き込み機能には、プレミアム機能 というマークが付いています。

オーディオ CD

ドライブ オプション — [書き込み速度] を選択するか、[詳細オプション] をクリックして、[CD ライター] 環境設定を変更します。

CD テキスト — 現在の CD で使用する CD テキストを入力します。最近の CD プレイヤーの多くは、この CD テキストがフロントディスプレイに表示されます。

トランジション2 秒間のギャップ: 各曲の間に常時 2 秒間の間隔を入れるか、この間隔を削除するかを選択します。

クロスフェードプレミアム機能 : 各曲の最後と次の曲の最初をオーバーラップさせます。オーバーラップさせる秒数を入力します。

オーディオ フィルタ プレミアム機能 — 各曲ごとに音量を調整して、すべてのトラックが同じ音量になるようにします。

これらをデフォルト設定として使用する — このオプションを選択すると、現在の設定をオーディオモードのデフォルトとして保存できます。

 

MP3 CD

ドライブ オプション — [書き込み速度] を選択するか、[詳細オプション] をクリックして、[CD ライター] 環境設定を変更します。

ディスク オプションCD 名: ディスクに名前を追加します。

マルチセッション ディスクを作成する プレミアム機能: ディスクの終了処理を実行せずに、後でトラックを追加できるようにします。

MP3 CD プレイリスト オプション — CD に書き込まれるファイルの楽曲情報に基づいて、ディスクにプレイリストを作成します (M3U 形式)。各アーティスト、またはアーティストとアルバムの組み合わせに対して 1 つのプレイリストが追加されます。

MP3 CD フォルダ オプション — アーティストおよびアルバムに関する楽曲情報に基づいて、MP3 ファイルをディスクのフォルダに整理します。アーティスト別にフォルダを作成したり、アーティストとアルバム別にフォルダ/サブフォルダを作成したりできます。また、フォルダを作成しないようにもできます。さらに、(前のオプションを使用して) プレイリスト を個別フォルダに置くこともできます。

これらをデフォルト設定として使用する — このオプションを選択すると、現在の設定を MP3 モードのデフォルトとして保存できます。

 

データ CD

ドライブ オプション — [書き込み速度] を選択するか、[詳細オプション] をクリックして、[CD ライター] 環境設定を変更します。

ディスク オプションCD 名: ディスクに名前を追加します。

マルチセッション ディスクを作成する プレミアム機能: ディスクの終了処理を実行せずに、後でトラックを追加できるようにします。

データ CD フォルダ オプションファイルをフォルダに整理しない (デフォルト): すべてのファイルを CD のルート (最上位) に配置します。

ファイルを整理する... : プレミアム機能アーティストとアルバムに関するクリップ情報に基づいて、ファイルをディスクのフォルダに整理します。アーティスト別にフォルダを作成したり、アーティストとアルバム別にフォルダ/サブフォルダを作成したりできます。

これらをデフォルト設定として使用する — このオプションを選択すると、現在の設定をデータモードのデフォルトとして保存できます。

この記事は役に立ちましたか?
10人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk