フォローする

環境設定: CD - CD ライター

をクリックして、[環境設定] - [CD] - [CD ライター] を選択します。

この環境設定では、カスタム CD への書き込み時に使用する CD-RW ドライブとコントロールオプションを選択します。

オプション

 

説明

デフォルト書き込み用ドライブ

デフォルトドライブをドロップダウンリストで選択します。

ドライブ情報...: デフォルトドライブの仕様を表示します。

書き込み速度: CD 書き込み速度をドロップダウンリストで選択します (ドロップダウンリストには、デフォルトドライブで利用可能な速度が一覧表示されます)。

テストモードを有効にする: 有効な場合、ドライブで CD の書き込み処理がすべて実行されますが、実際にはブランクディスクには何も書き込まれません。このモードを使用すると、バッファアンダーランエラーやその他の問題によってディスクを損失することなく、最適な速度 (上記を参照) を確認することができます。

書き込み用ドライブオプション

CD 書き込みオプションを選択します (選択したドライブによっては、使用できないオプションもあります)。これらのオプションはアクティブな CD-R ドライブに適用されます。

書き込みが終わるたびに CD を取り出す: 各 CD 書き込みセッションの最後に、CD の終了処理が実行されたかどうかに関係なく、必ず CD が取り出されます。

CD-RW (書き込み可能 CD) の消去時には常に「クイック消去」を使用する: RealPlayer を使用して CD-RW を消去する場合に、既存のファイルを再フォーマットまたは破棄せずに、曲目リストを消去 (クイック消去) します。

バッファアンダーランエラー保護を有効にする: 使用可能な場合にドライブのアンダーランエラー保護をオンにします (上記の「ドライブ情報」を参照してください)。CD 書き込み速度が動的に調整され、バッファアンダーランエラーが防止されますが、音声品質は劣化することがあります。

オーディオ CD の作成時は常にトラック アット ワンス (TAO) を使用する (デフォルト: オフ): ディスクアットワンス (DAO) をオフにします。ディスクアットワンスは、高速ですが、一部のデバイスで問題が発生することがあります。ドライブが DAO 書き込みをサポートしていない場合は、TAO オプションが自動的に選択され、変更できません。

最近書き込みを行った CD

書き込みを行った CD を [最近書き込みを行った CD] リストに保存する (デフォルト: オン): CD 書き込み済みのトラックや CD タイプなどの最近書き込みを行った CD に関する情報を保存する場合にオンにします。[CD ライター] の [マイ ライブラリからトラックを追加] リストに最近書き込みを行った CD の履歴が表示されます。

CD の数: 最近書き込みを行った CD の履歴に保存する CD の数を選択します。

リストをクリア: CD の履歴をクリアする場合にクリックします。

 

この記事は役に立ちましたか?
12人中5人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk